企業研修(採用内定者〜管理職まで階層別トレーニング)

病院・医療機関・介護施設従事者の方への接遇研修

「マナーを通じて、心のあり方まで感じ、接遇実践の自発的行動へ結び付ける」

自分と周りを幸せにする接遇術の基本を確認し、思いやりの心が生み出す円滑なコミュニケーション方法を理解します。
医療や介護のお仕事にかかわるにあたり、ホスピタリティ・マインドを表現する力は欠かせないスキルです。
言葉遣いや表情、挨拶といった基本的な行動のひとつひとつに、患者様やご利用者様に安心していただけるコツがあります。
当講座では、医療・介護に特化した接遇を学ぶことができます。

ビジネスマナー研修

「基礎の基礎だからこそ徹底的に身につける!実践中心講座」

内定者から管理職まで、すべてのビジネスパーソンに必要な知識とスキルの一つがビジネスマナーです。役職、職種に合わせて学ぶ内容やトレーニング方法を工夫し、貴社に最も必要なマナーをお届けします。
営業パーソン、接客業など、それぞれの職種のニーズ対応はもちろん、ビジネススキル検定合格に向けた講座もお任せください。

メンタルヘルス研修

「メンタルヘルスの知識で個人と組織を守る」

・セルフケア(すべての従業員向けの基礎知識。自分のメンタルヘルスを守る方法)
・ラインケア(管理者向けの基礎知識。部下のメンタルヘルス不調への気づき方から
休職〜職場復帰までの対応とコミュニケーションのコツ。法律の知識)

「心の病気」について正しい情報を持つ <知識編>

●ストレスとは
●職場におけるメンタルヘルス不調の実際
●職場でのメンタル不調の三大要因とは?
●早期発見する! 〜病気のサインを知る〜
●理解する! 〜病気の特徴を知る〜

■メンタル不調の予防法(Ⅰ)<知識と実技>

●セルフケア方法①リラクゼーション
 *呼吸法の実践

■メンタル不調の予防法(Ⅱ)<知識と実技>

●セルフケア方法②肯定的思考
〜あなたがストレスに強くなるために〜
*ストレスに強くなるブラス思考法の強化

ハラスメント研修

「指導のつもりが・・」
「コミュニケーションのつもりが・・」ハラスメントだと受け止められる。

このようなことが珍しくなくなり、ハラスメント問題は誰にとっても決して他人ごとではなくなりました。
これからの時代、ハラスメントに関する知識は一層必要となることが予想されます。

ハラスメントとは何?
指導とハラスメントの境界線は?
グレーゾーンの考え方は?

誰もが持つ疑問への対処方法を事例やケーススタディを通して学ぶのが当研修の特徴です。

自己尊重感向上

「グローバル人財に必要不可欠な要素はこれ!」

「自己尊重感=自分のことを大切な価値ある存在だと思う気持ち」

日本人の自己尊重感は先進国の中でも群を抜いて低いというデータが出ています。
多くのかたが職場や教育の現場でそれを感じていらっしゃるのではないでしょうか?
また、自己否定感にとらわれ苦しむ方も多くいらっしゃるでしょう。

ただ、自己尊重感はトレーニングによって性別年齢職業に関わらず十分に回復することが可能です。
弊社では、NPO法人自己尊重プラクティス協会が提供するプログラムを用い、同協会が認定したインストラクターが自己尊重感向上をきっちりサポートします。
企業のメンタルヘルス対策に、学校での授業に、介護看護現場のスタッフのメンタルタフネスにと応用範囲の広いプログラムです。

自己尊重感を高めるトレーニング

■イントロダクション

アイスブレイク

なぜほめることが大切か?心理学から見る「承認」の大切さ

●「承認」が組織を変えた成功事例【講義】

自己尊重感を高める・自分ホメの習慣

●肯定回路を育てる「ほめ日記」
・言葉の力を知る
・ほめ言葉さがし
・プラスの転換法

●ほめ日記に挑戦・自他ほめトレーニング
【個人ワーク・グループワーク】

■まとめ
ページトップへ